• 一雄 秋穂

北米航空宇宙防衛司令部がサンタを追う理由



あきほ整骨院のブログを見ていただいた皆様


メリークリスマス!


今日12月24日は誰でも知っているクリスマスイブです。


雨が夜更け過ぎに雪へと変わるサイレントナイトです。


このクリスマスイブに大忙しなサンタクロースが


今どこで何をしているか!を北米航空宇宙防衛司令部


通称NORADが毎年追跡調査をしているのをご存じですか?


そもそもこのNORAD自体が何をやっているところなのか


ここはアメリカ合衆国とカナダ共有の組織で最先端の


レーダーを使って空や宇宙でのミサイルや航空機を


探査している公の組織です。


ここが毎年サンタさんの位置情報を追跡してるのです。


https://www.noradsanta.org/


NORADがサンタを追跡する理由

この恒例行事は、1955 年にこの恒例行事は、1955 年にコロラド スプリングスに拠点シシアーズ ローバック社が、子供向けに「サンタへの直通電話」を開設したときに、 誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。 サンタにつながるはずのその番号は、なんと CONAD(中央防衛航空軍基地)の司令長官のホットラインの番号だったのです。 子供たちからの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。 そして、電話を掛けてきた子供たちにサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことから、この伝統が生まれました。

1958 年、カナダと米国の両政府は「北米航空宇宙防衛司令部(通称 NORAD)」として知られる両国が共同運営する北米防空組織を創設しました。 そしてそれが、サンタの追跡という伝統も引き継いだというわけです。コロラド スプリングスに拠点を置くシアーズ ローバック社が、子供向けに「サンタへの直通電話」を開設したときに、 誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。 サンタにつながるはずのその番号は、なんと CONAD(中央防衛航空軍基地)の司令長官のホットラインの番号だったのです。 子供たちからの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。 そして、電話を掛けてきた子供たちにサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことから、この伝統が生まれました。

1958 年、カナダと米国の両政府は「北米航空宇宙防衛司令部(通称 NORAD)」として知られる両国が共同運営する北米防空組織を創設しました。 そしてそれが、サンタの追跡という伝統も引き継いだというわけです。


AI-Aviation HPより




夢があるお話ですね。






閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示