top of page
  • 執筆者の写真一雄 秋穂

目指せ!アカデミックな整骨院

もう少し前になりますが、8月27日の日曜日に渡辺通りのホテルニューオータニ博多で日本柔道整復接骨医学会九州ブロック大会が開催されました。


九州各県の先生方が日々の整骨院の業務の中で、でた疑問や気づきを論文にまとめて毎年発表しておられるのですが、その中でも優秀な論文が一堂にかいするというイベントでした。


かく言う私、秋穂も福岡県柔道整復師会の学術部員として毎年論文を作成して提出しているのですが、結果は・・・推して知るべし。と言うわけで今回も発表者ではなく司会者としてお手伝いさせて頂きました。


そう言えば私がまだ愛知県の柔道整復専門学校で勉強していた時、東海地方の学会の見学に行こうと仲間数人で三重県の伊勢市の学会に参加した時、大きな会議場で整骨院の先輩方が論文を発表する様子をみて、柔道整復師って言うのもただ整骨院で治療をするだけでは無く。医療の一端を担いながら日々研究しているのだ。とちょっと誇らしく思えた事を思い出します。


毎日の整骨院の業務の中で体を動かし患者さんと何気ない会話をして楽しく仕事をしておりますが、たまに学会に参加させて頂くとこの学生時代の純粋だった青年の気持ちに戻り身が引き締まる思いがするものです。


僕も九州ブロック大会で発表出来るくらいに良い論文を作れる様になりたいな・・・ただ努力あるのみ^_^

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page