top of page
  • 執筆者の写真一雄 秋穂

19回目の誕生日



 令和6年3月12日はあきほ整骨院が開業

して19回目の開院記念日です。これまで一

緒に仕事をしてくれたスタッフ、朝から晩ま

で整骨院に入り浸っている私を支えてくれて

いる家族、そして何より本当に数多くの整骨

院の中からあきほ整骨院を選んで通院して下

さる患者さん達に改めて感謝の気持ちでいっ

ぱいです。


中国の古典「論語」の中にこんな一節があり

ます。


子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にし

て立つ、四十にして惑わず、五十にして天命

を知る、六十にして耳順う、七十にして心の

欲する所に従えども、矩を踰えず。


孔子がおっしゃるには15歳の時に学問の道

を志し、30歳で一人の人間として独立し、

40歳で迷うことが無くなり、50歳でこの

世に生を受けた意味を知ることが出来て、6

0歳で他人の言葉をこだわる事なく受け入れ

ることが出来るようになり、70歳になった

頃には自分の思うがままに行動してみても道

を踏み外すことが無くなってきたという教訓

です。


30歳の時に整骨院を開業した私も今年の8

月には50歳になります。人生100年時代

としても折り返し地点にやってきました。こ

の年になると嫌でも自分の終着駅を意識して

しまいます。


柔道整復師で町道場の館長でもあった私の祖

父が「日本伝統の武道でこの世の中の進運に

寄与しよう」という言葉を残してくれていま

す。私もこの柔道整復師という役割を担うも

のとして如何にして周囲の皆様のお役に立っ

ていけるのか。そしてこの整骨院という業界

の後輩たちに明るい希望の光を診せることが

出来るのか。そんなことを考えながらこれか

らの道を進んでみたいと思っております。

20年目もよろしくお願いします。


令和6年3月12日 秋穂一雄



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page